広島・九里 吠えた5勝目 粘投7回2失点、打線の援護感謝「何とか抑えたいと」

[ 2019年7月29日 05:30 ]

セ・リーグ   広島12ー5ヤクルト ( 2019年7月28日    神宮 )

5回2死満塁、ヤクルト山崎を投ゴロに抑えてガッツポーズする九里(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 大勝への分岐点は5回だった。4点優勢で迎えた無死満塁の窮地。広島・九里は1死を取った後、山田哲に対した。2ボールの不利から並行カウントへ戻し、5球目の外角直球は際どいボール判定。天を仰いで悔しがった後、フルカウントから同じ外角直球で勝負を挑み、見逃し三振に仕留めた。「いい打者から打たれてもいいと思っていった。しっかりした真っすぐを投げられた」。次の山崎も投ゴロに退け、無失点で切り抜けた。

 「野手の方が早い段階で点を取ってくれたのに、ああいう回にしてしまった。何とか抑えたいという気持ちだった」

 直後の6回から3イニング連続で追加援護を受けて7回2失点。92球の粘投で先発の役割を果たし、連勝で5勝目を挙げた。打線の後押しに感謝し、特に目前の打順だった小園の猛打には「本当に凄い…」とうなった。

 開幕直後は先発陣の一翼を担いながら3連敗。一度は救援へ回った後、交流戦中に先発復帰してから安定した投球を重ね、勝敗を五分へ戻した。「無駄な四球とか反省はあるけど、一人一人、目の前の打者に向かっていけているのが、いい結果につながっていると思う」。巨人との直接対決を前に連勝のバトンをしっかりつないだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース