投手・高橋由伸VS打者・桑田真澄が実現 結果は中前打

[ 2019年7月29日 20:11 ]

サントリードリームマッチ2019 ( 2019年7月29日    東京D )

<ドリーム・ヒーローズ対ザ・プレミアム・モルツ球団>6回途中から登板のザ・プレミアム・モルツ球団・高橋由伸から安打を放つドリーム・ヒーローズの桑田真澄(撮影・大塚 徹)                                                                                                                                              
Photo By スポニチ

 高橋由伸VS桑田真澄の夢の対決が実現した。

 6回2死一塁の場面で、「ザ・プレミアム・モルツ球団」の一員で昨季まで巨人監督を務めた高橋由伸がマウンドへ。

 神奈川・桐蔭学園では投手。対する「ドリームヒーローズ」は元巨人の桑田真澄が代打で登場し、スタンドは大歓声に包まれた。

 現役時代は決して見られなかった対決。フルカウントからファウルで2球粘り、最後は中前打を放った桑田に軍配が上がった。
 高橋はそのまま一塁の守備へ。ベース上にいた桑田とガッチリ握手をすると、再びスタンドからは大きな拍手が起こった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月29日のニュース