阪神 ガルシアの7不思議!?打線2回に7得点の猛攻

[ 2019年6月2日 14:31 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2019年6月2日    マツダ )

<広・神>阪神先発のガルシア(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神は2回先頭の梅野がカウント2ボールからアドゥワの140キロ直球をバックスクリーンに運ぶ4号ソロを放って3試合ぶりに先制点を挙げた。

 「狙い球を一発で仕留めることができました。ガルシアのために先制することができてよかった」

 梅野の号砲で打線も勢いづいた。約1カ月ぶりにスタメンの高山が四球を選ぶと、木浪は中前打。ガルシアが犠打を決めて、1死二、三塁から近本が初球の141キロ直球を捉えて二塁強襲の2点打で追加点を奪った。さらに2死から糸井が右前打でつなぐと、4番・大山が右翼フェンス直撃の適時三塁打。続くマルテも続き、適時打放つと、なおも一、三塁から高山にもタイムリーが飛び出した。打者12人、8安打の猛攻で大量7得点を奪った。

 先発のガルシアは3試合連続で7失点KO、移籍初勝利は打線が7得点で完封勝利。そして、この日の2回は打線が7点の援護と、ガルシアの“7不思議”は継続中だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月2日のニュース