西武、今季3度目サヨナラ負け 平井「全て僕の責任」

[ 2019年6月2日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―8ロッテ ( 2019年6月1日    ZOZOマリン )

10回2死一、二塁 サヨナラ適時打を許した平井は悔しげにベンチへと戻る (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武は延長10回の末、今季3度目のサヨナラ負けを喫した。平井が2死一、二塁から鈴木に決勝適時打を浴びてサヨナラ負け。8番手としてマウンドに上がった右腕は「最後は失投、抜けました。全て僕の責任です」と悔しさをにじませた。

 連勝も2でストップした辻監督は「悪い流れがきた。点を取ったら、取られて。明日勝ちましょう」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月2日のニュース