ロッテ・レイビン 来日初登板で9回零封締め「アドレナリンが強すぎて…」

[ 2019年6月2日 19:41 ]

パ・リーグ   ロッテ8―1西武 ( 2019年6月2日    ZOZOマリン )

<ロ・西>西武に勝利し、レアードからウイニングボールを受け取るレイビン (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテの新外国人レイビンが、7点差の9回に来日初登板し、最速155キロの直球など1回無安打無失点と好投した。

 「スピードは悪くはなかった。アドレナリンが強すぎて、体の開きが早かった。そこは修正していきたい」

 守護神候補と期待されたが、右肩違和感や右脇腹痛と故障が相次ぎ、出遅れていた。イースタン・リーグでは10試合0勝1敗1セーブ、防御率4・15。「投げさせる場面がほしかったので、よかった」と井口監督も胸をなで下ろした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月2日のニュース