阪神 2回に一挙7点挙げ、広島戦連敗は6でストップ 広島と4差で交流戦へ突入

[ 2019年6月2日 17:04 ]

セ・リーグ   阪神7―5広島 ( 2019年6月2日    マツダ )

<広・神>2回無死、中越えに先制ソロ本塁打を放ち、筒井コーチ(左)とハイタッチをかわす梅野(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神が交流戦前最後のリーグ戦となった広島戦(マツダ)に7―5で逃げ切り勝ち。貯金5として首位・広島とのゲーム差を4に縮めた。阪神の広島戦連敗は6でストップ。広島は今季3度目の6連勝ならず、今季20敗目を喫して貯金は13となった。

 阪神は2回、先頭の梅野がバックスクリーンへ4号ソロを放って先制すると、1死二、三塁から近本の中前2点適時打で3点リード。さらに大山が右翼フェンス直撃の2点適時三塁打、マルテが左前適時打、高山が右前適時打と続いてこの回打者12人で8安打を集中して7得点を挙げた。

 7点を追う広島は6回、1死満塁から田中広が左前へ2点適時打を放ち、反撃開始。敵失などで2死二、三塁としてから野間が俊足を生かして遊撃への当たりを内野安打としてさらに1点を加えると、阪神のダブルエラーもあってもう1点。さらにバティスタに左前適時打が出てこの回一挙5点を返して2点差に詰め寄ったが、及ばず。

 先発投手のアドゥワが2回10安打2失点KOされたのが最後まで響き、9回には2点ビハインドの状況で守護神・中崎を投入する場面もあったが、その裏、阪神守護神・ドリスの前にバティスタ、鈴木、西川の主軸が3者凡退に倒れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月2日のニュース