ソフトB高橋礼6失点で今季初黒星「初回は本当に悔いが残る」

[ 2019年6月2日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―6楽天 ( 2019年6月1日    ヤフオクD )

7回途中で降板した高橋礼(右)(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 2年目のサブマリンがついに崩れた。ソフトバンク・高橋礼は7回途中でいずれも自己ワーストの10安打6失点。今季8試合目で初黒星を喫し「(4点を失った)初回は本当に悔いが残る」と唇をかんだ。

 3―4と味方が追い上げた7回は2四球などで2死満塁とし、島内に2点打を浴びて降板。工藤監督は「四球というところ。出さなくてもいい打者に出してしまった」と苦言を呈した。楽天に連敗し、同率首位から2位に転落した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月2日のニュース