中日・ロメロまた一発病 与田監督「ストレート1本となるとね…」

[ 2019年6月2日 17:40 ]

セ・リーグ   中日1―3巨人 ( 2019年6月2日    東京D )

<巨・中>5回無死一塁、坂本勇に2打席連発の勝ち越し2ランを浴びたロメロ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 またしても一発病が顔を出した。中日の先発・ロメロは6回3失点で4敗目。

 1―0の3回に坂本勇に同点ソロを浴びると、5回無死一塁からは勝ち越し2ランを被弾。失点は坂本勇の2発のみだったが「1人の打者(坂本)にやられてしまった。打たれるのは原因があると思うのでしっかり反省したい」とうつむいた。

 登板8試合で9被弾。特に直近5試合はすべて手痛い一発を浴びている。与田監督も「もう少し球種を使っていかないと。ストレート1本となるとね…。打者の対応を見ていかないと」とピンチになると直球に頼る傾向の助っ人左腕に改善策を求めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月2日のニュース