横浜・及川 春以降で最長8回1/3を2失点 夏へ復調の兆し

[ 2019年6月2日 16:54 ]

江戸川区親善試合   横浜6―2関東第一 ( 2019年6月2日    江戸川区球場 )

<横浜・関東第一>先発した横浜の及川
Photo By スポニチ

 横浜のドラフト候補で153キロ左腕の及川雅貴投手(3年)が関東第一との親善試合の第2試合に先発。8回1/3を7安打2失点(自責1)で、最速144キロをマークした。今春の神奈川県大会以降では最長イニングを投げ「強豪校を相手に長い回を投げられたのでよかった」と振り返った。

 春は背番号10をつけたが「ベンチでいろいろ学ぶことが多かった」。平行してフォームも調整し、よりリズム感を重視したものに改良。背番号1を背負ってマウンドに立ったこの日は序盤こそ失点したが「なんとかしなきゃと思って、そこで吹っ切れた。気持ちの入れかえがうまくいった」と立ち直って4回以降は無失点にまとめた。

 この日は3球団のスカウトが視察。4年連続の夏の甲子園出場がかかる最後の夏へ復調の兆しが見えてきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月2日のニュース