日本ハム大田、土壇場で同点3ラン 栗山監督「みんなよく粘った」

[ 2019年6月2日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム8―8オリックス ( 2019年6月1日    京セラD )

9回無死一、二塁、中越えに同点となる3点本塁打を放つ日本ハム・大田 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 勝ちに等しい引き分けだ。日本ハムはプロ初登板初先発のドラフト3位・生田目が2回4失点で降板するなど、序盤から主導権を握れず3点ビハインドで9回を迎えたが、大田が9号中越え3ラン。勝ちがなくなった延長12回守備では2死一、二塁で山足の中堅後方への大飛球を西川が背走しながら好捕した。

 5連勝中のいい流れは継続し、栗山監督も「みんなよく粘った」と評価。2本の二塁打を放った清宮も「流れは保っているし、明日につながる試合でした」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月2日のニュース