巨人・坂本3年ぶりサヨナラ打 阿部400号に花添えた「最高です!」

[ 2019年6月2日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―5中日 ( 2019年6月1日    東京D )

9回2死二塁、坂本勇はサヨナラ打を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇が3年ぶりのサヨナラ打で勝利をもぎ取った。捕逸で同点に追いつかれた直後の9回裏に、2死から亀井が四球で出塁。二盗でチャンスが拡大したところで、ロドリゲスに追い込まれながらも右翼手の頭を越える二塁打を放った。

 自身10度目のサヨナラ打で阿部の400号に花を添え、お立ち台では「ああいう場面で格好いいホームランを久しぶりに見たので、阿部さんより先に言わせてもらいます。最高です!」と隣で控える阿部の決めぜりふで沸かせた。チームにとっても今季初のサヨナラ勝ちで、「連敗が止まったのが一番」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月2日のニュース