広島 田中広輔タイムリーから反撃開始!野間は内野安打で三塁へ!一気に5点

[ 2019年6月2日 16:02 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2019年6月2日    マツダ )

<広・神>6回1死満塁、田中広の左前打で二塁から生還する磯村。捕手梅野(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島が、7点差を1イニングで2点差に詰めた。口火は、田中広輔内野手(29)。6回1死満塁で、ガルシアから左前に2点適時打を放った。。

 「打ったのはストレート。チャンスだったので、積極的にいきました」

 これで、今季2度目となる2試合連続のマルチ安打をマーク。試合前打率・186と不振からの脱出への光としたい。

 2死二、三塁からは、野間が遊撃への内野安打。二塁走者・田中広のオーバーランを見て、一塁・マルテが三塁へ送球するも悪送球。処理した三塁・大山も本塁へ悪送球して2点追加。この間に、内野安打の野間も三塁に到達する“珍プレー”も、猛攻を助けた。野間は「何とか後ろに繋ぎたかったので、一生懸命走りました」と安ど。最後は、バティスタの左前適時打で1イニング5点。残り3イニングで「逆転のコイ」出現なるか?

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月2日のニュース