勝てば5カード連続勝ち越し決定…広島が初回に3点先取 西川、待望今季1号3ラン!

[ 2019年5月18日 14:24 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2019年5月18日    甲子園 )

<神・広(8)>初回2死一、三塁、西川は右越えに先制の3点本塁打を放つ。投手メッセンジャー(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島の西川龍馬内野手(24)が阪神戦の初回に先制となる右越え1号3ラン本塁打を放った。

 デーゲームを苦手とする阪神の先発右腕・メッセンジャーから初回、野間が左前打で出塁し、菊池涼がバントで送り、バティスタが倒れ、鈴木が四球で歩いた2死一、三塁。

 「5番・左翼」で先発出場していた西川は真ん中に入ってきた初球をとらえて右翼スタンドへ運んだ。

 前日17日には1点ビハインドから8、9回だけで9点を挙げて5連勝を飾り、単独2位に浮上したカープ。前夜の勢いは一夜明けても止まりそうにない。

 

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月18日のニュース