輝星、体調不良で登板回避 けん怠感など訴える 次回登板白紙

[ 2019年5月18日 05:30 ]

日本ハムの吉田輝
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が17日、体調不良のためイースタン・リーグのDeNA戦(横須賀)の先発登板を回避した。試合前練習中に訴え、首脳陣と相談の末に登板直前に回避が決定した。

 高橋広和球団トレーナーは「けん怠感とおなかの張り、体のだるさがある」と症状を説明。この日は安静にし、18日の状態を見て病院で診察を受ける方針だ。荒木2軍監督は「明日、何か(診断が)出ると思う」と話し、次回登板は白紙となった。

 ≪清宮は無安打≫右手首の骨折から復帰した清宮は「3番・DH」で出場したが、3打数無安打1四球に終わった。初回の第1打席で「積極的にいけた」と飯塚の147キロ直球を捉えたが、強烈なライナー性の打球は一塁手の好守に阻まれた。この日が実戦復帰4試合目。「結果より内容がいい。いいボールの見え方をしている」と手応えを口にした。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース