【18日のファーム情報】日本ハム・斎藤が2勝目、中日・山本が完封勝利

[ 2019年5月18日 18:23 ]

 プロ野球のファームは18日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 日本ハムはDeNA戦(大和)に7―5。森山が初回に先制の4号3ラン。先発・斎藤が5回4安打2失点で2勝目を挙げた。DeNAは先発・井納が5回9安打6失点(自責4)で1敗目。梶谷が初回に6号ソロ、関根が3回に3号ソロ、倉本が9回に3号ソロを放った。

 ヤクルトは巨人戦(戸田)に6―5。西田が3回に逆転の4号3ラン、広岡が6回に3号2ランを放った。先発・岩橋は6回4安打2失点(自責0)8奪三振で2勝目(1敗)。巨人先発・畠は6回6安打6失点(自責5)で2敗目(1勝)。マルティネスが3安打1打点。

 楽天は西武戦(宮城県利府町)に1―0。7回に代打・西巻の中前打で奪った決勝点を3投手のリレーで守った。DeNAからトレードで移籍の熊原が先発して6回2安打無失点の好投。2番手・菅原が2回2安打無失点で3勝目(1敗)を挙げた。西武先発・国場は5回1安打無失点。

 中日はオリックス戦(東大阪)に7―0で完封勝利。モヤが初回に8号2ラン、8回に9号ソロと3安打3打点だった。近藤が3回の1号2ランなど2安打3打点。ドラフト1位・根尾は3打数1安打。先発・山本は2安打のみの完封で2勝目(4敗)を挙げた。オリックス先発・田嶋は2回4安打4失点(自責2)で2敗目(1勝)。

 阪神は広島戦(由宇)の延長10回、7―6で勝利。10回に熊谷が決勝犠飛を放った。島田が3安打1打点。先発・藤浪は1回無安打無失点だった。広島はメヒアが6回にリーグ単独トップの11号2ラン。先発・ローレンスは6回8安打4失点。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月18日のニュース