東農大三コールド負け ドラフト候補の飯島は4回途中7失点で無念KO

[ 2019年5月18日 14:42 ]

春季高校野球関東大会 1回戦   東農大三2-11桐光学園 ( 2019年5月18日    市営大宮 )

<春季関東大会・東農大三―桐光学園>先発した東農大三のドラフト候補、飯島
Photo By スポニチ

 東農大三(埼玉)が桐光学園(神奈川)に7回コールド負け。初戦敗退を喫した。

 エースで1メートル80の長身を誇り、ドラフト候補として注目される右腕・飯島一徹投手(3年)が先発も、4回途中6安打7失点と乱調だった。

 バックネット裏にはプロ10球団のスカウトが集結。中日の松永幸男編成部長は「打たれてしまったが体の強さはある」と評した。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月18日のニュース