DeNA・筒香 7試合ぶりの打点「積極的に打ちに行きました」

[ 2019年5月18日 19:58 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2019年5月18日    神宮 )

<ヤ・D>5回2死三塁、右前適時打を放つ筒香(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 DeNA・筒香嘉智外野手が7試合ぶりの打点をマークした。

 3―3の5回、宮崎の適時二塁打、ソトの三ゴロの間で2点のリードを奪い、なおも2死三塁。五十嵐の初球の変化球をたたいて右前へ運んだ。「チャンスの場面だったので積極的に打ちに行きました。高めに浮いてきた球を、強いスイングでしっかりと打つことができました」とうなずいた。

 3試合ぶりの安打で、打点は8日巨人戦(新潟)以来。7度目の先発でプロ初勝利を目指すドラフト1位・上茶谷を主砲が援護した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース