阪神・糸井 緊急交代でどよめき 4回の守備でフェンス際の打球をスライディングキャッチ

[ 2019年5月18日 15:39 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2019年5月18日    甲子園 )

<神・広>4回、鈴木の打球を追って、滑り込みキャッチをして右邪飛とする右翼手・糸井(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・糸井が5回の守備に就かず途中交代した。いつも通り「3番・右翼」で先発出場。2打席に立ち、守備機会を無難にこなしていただけに、交代のアナウンスが流れると甲子園はどよめいた。

 4回の守備では、鈴木が放ったフェンス際の邪飛を、スライディングキャッチしていた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース