梨田昌孝氏 近鉄の復刻ユニホームで特別始球式 その投球は…

[ 2019年5月18日 14:18 ]

パ・リーグ   オリックス―西武 ( 2019年5月18日    京セラドーム )

<オ・西(8)>セレモニアルピッチに登板する梨田昌孝氏(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 「KANSAI CLASSIC 2019」として近鉄の復刻ユニホームを着用して戦う一戦で、近鉄OBの梨田昌孝氏が特別始球式を行った。

 捕手の若月に対してワンバウンドする投球となり、開口一番「コントロールには自信あっただけに残念」。オリックスは現在6位ながらも「今年のパ・リーグは抜けるチームはない。交流戦までに勝率5割にいけば、3位はいける」と、14年以来のクライマックスシリーズ進出を期待し、「山本由伸が抜けた8回で苦しんでいるけど、そこさえしっかりすれば」と、ポイントを口にしていた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース