広島、赤い彗星ばり連打で虎粉砕 菊池&バティ終盤だけで計5打点

[ 2019年5月18日 05:30 ]

セ・リーグ   広島10―2阪神 ( 2019年5月17日    甲子園 )

9回2死満塁、菊池涼は右前に2点適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島が「赤い彗星(すいせい)」の異名をとるシャア・アズナブルばりの圧倒的な戦闘能力を見せつけた。8、9回だけで計10安打を集め9得点。同率2位で並んでいた阪神を粉砕した。

 西に対し通算6度目の対戦で初黒星を付けた立役者は、終盤2イニングに2人合わせて5打点を挙げた菊池涼、バティスタだ。「ニュータイプ」かのように狙い球が的中。菊池涼は1―2の8回1死一、二塁で同点打。3球目に空振りした内角シュートを「また来ると思っていた」と左前にはじき返すと続くバティスタも「コントロールがいい。変化球が多い」とイメージ通りに初球スライダーを左前に勝ち越し打を放った。

 9回には四球を挟み6打数連続安打で7得点。2死満塁から菊池涼が右前2点打を放てば、バティスタも自身初となる4安打目の左前適時打を記録した。

 この日の一戦は40周年を迎えた大人気アニメ「機動戦士ガンダム」とのコラボナイターとして実施。試合前のメンバー発表の場内アナウンスを主人公のアムロ・レイが担当し「赤い色のユニホーム? シャアじゃないのか? 間違いない、ヤツだ! ヤツが来たんだ!」と赤ヘル軍団を紹介した。シャアの名言である「坊やだからさ」の声が聞こえてきそうな大勝で5連勝を飾り単独2位。残る敵は1ゲーム差で追う首位巨人だけとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月18日のニュース