大船渡・佐々木18日初戦 ファン殺到予想で開門時間大幅前倒し

[ 2019年5月18日 05:30 ]

大船渡・佐々木
Photo By スポニチ

 春季岩手県大会が17日に開幕し、大船渡の佐々木朗希投手(3年)は18日、釜石との初戦を迎える。163キロ右腕の注目度に岩手県高野連は厳戒態勢を敷く。

 会場となるライジング・サン・スタジアム近隣の久慈警察署には、事前に交通整理などの応援を要請。開門は第1試合の通常2時間前だが、ファンの殺到を予想して3時間半前の午前6時半に変更予定だ。大原茂樹理事長は「予行練習しようと」として、この日も早朝6時半に開門してフィーバーに備えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月18日のニュース