ロッテ 痛恨の逆転負け…3番手の唐川が連続被弾も井口監督「僕の責任」

[ 2019年5月18日 18:16 ]

パ・リーグ   ロッテ4―6楽天 ( 2019年5月18日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>8回途中、唐川(中央)は楽天に逆転を許し降板する (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテは4―0から痛恨の逆転負けを喫した。

 3番手で8回から登板した唐川が浅村、島内に2打者連続本塁打を浴びるなど4失点。それでも井口監督は「信頼して(唐川を)送り出している。僕の責任」と、3敗目を喫した右腕を責めなかった。

 6回3安打1失点の先発ボルシンガーについて指揮官は「力強い球を投げていた」と評価したが、「ボールが高めにいっていた」と7回から継投に踏み切った理由を説明した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース