オリックス・K-鈴木 6回途中1失点の粘投でプロ初白星!

[ 2019年5月18日 17:15 ]

パ・リーグ   オリックス2―1西武 ( 2019年5月18日    京セラD )

<オ・西(8)>オリックス先発・K-鈴木ピッチング(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスが接戦を制し、2―1で西武を下した。先発の2年目、K―鈴木が6回途中1失点の投球でプロ初白星を挙げた。

 K―鈴木は初回、2死一、二塁から5番・森に適時打を浴び、先制点を許すが崩れず、2、3、4回はいずれも走者を背負いながらも無失点で切り抜けた。

 4回に吉田正の二塁打を足場に敵失などで逆転に成功。1点のリードもらった5回は、2死一塁の場面で西武の主砲で4番の山川を迎えた場面で、カウント0-2から外角の直球で見逃し三振に斬って取った。

 6回には四死球を与え2死一、二塁となった場面で降板した。5回2/3で125球を投げ、3安打1失点6奪三振5四球だった。

 K―鈴木は、前回登板となった11日の楽天戦では7回無失点の好投も救援陣の乱れるなど不運も重なり、ここまで登板した3試合全てで7回まで投げ切るも勝ち星に恵まれていなかった。

 チームは、K―鈴木の後を救援陣つなぎ、最後は守護神の増井が抑えて、1点のリードを守り抜き、連敗を2で止めた。

 西武は、初回に先制するも追加点を奪うことができずに敗戦。先発の今井が7回2失点と好投したが援護することはできなかった。
 

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース