日本ハム・清宮、第1打席は井納からクリーンヒット 先発・斎藤は3回までに2被弾

[ 2019年5月18日 14:50 ]

イースタン・リーグ   DeNA―日本ハム ( 2019年5月18日    大和 )

日本ハムの清宮幸太郎内野手
Photo By スポニチ

 右手有鉤(ゆうこう)骨骨折から戦列復帰を目指す日本ハム・清宮幸太郎内野手(19)が「3番・DH」で5試合連続先発出場した。

 初回1死一塁の第1打席では、DeNAの先発・井納の127キロ変化球を左前へクリーンヒット。続く森山恵佑外野手(25)の右越え3ランで生還した。

 第2打席は初球141キロ直球に遊飛に倒れた。これで14日の復帰以降、13打数4安打の打率・308。特にプロ通算42勝右腕から流し打った痛烈な一打は上昇気配をうかがわせた。

 あわやの一撃は第3打席の初球だった。井納のスライダーをフルスイングすると、歓声とともに打球は右翼スタンドへ。惜しくもファウルながら、DeNAバッテリーは2球目から低め一辺倒に。それでも4球目の140キロ直球を「清宮シフト」の逆をつく遊撃内野安打で出塁した。

 先発した斎藤佑樹投手(30)は初回、梶谷に右越えソロ、3回は関根に右中間ソロを喫した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース