マエケン、自打球でDL入り 先発1回飛ばす程度の軽症

[ 2019年5月18日 02:30 ]

15日のパドレス戦で自打球を当てた前田(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田健太投手(31)が10日間の負傷者リスト(IL)入りする見通しとなった。16日(日本時間17日)に複数の米メディアが報じた。5勝目を挙げた15日のパドレス戦で左太腿に自打球が当たった影響とみられる。

 前田は同戦で6回2/3を3安打無失点、12奪三振に加え、チームの全打点の2打点を挙げた。打点が公式記録となった1920年以降では、12奪三振以上と2点以上のチーム全打点を挙げたのはメジャー史上初で「全てのボールに自信を持って投げられた」と手応えを口にしていた。

 米メディアは、ド軍は17日(同18日)から1週間で5試合という日程もあり、大事を取って先発を1度飛ばす程度で、軽症であるとしている。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース