ソフトB千賀「縁起良い球場」で初戦取る 18日から長期ロード

[ 2019年5月18日 05:30 ]

笑顔でストレッチする千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは18日から熊本、鹿児島で日本ハムと2連戦を行い、その後も沖縄、千葉、大阪と10試合の長期ロードとなる。その遠征初戦に先発する千賀はこの日、福岡県筑後市のファーム施設で行われた投手練習でキャッチボールなどで調整した。

 リブワーク藤崎台は13年に中継ぎでプロ初勝利を挙げた思い出の球場。開幕から4連勝中で、防御率1.26だが「縁起の良い球場。試合をつくれるようにしたい」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース