中日・勝野、手応えのプロ初登板 力投6回3失点「次も楽しみ」

[ 2019年5月18日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1―4巨人 ( 2019年5月17日    ナゴヤD )

6回1死満塁、岡本に不運な形で先制2点適時二塁打を浴び、悔しそうにマウンドへ戻る勝野(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 プロ初登板初先発の中日・勝野が6回4安打3失点と力投。援護に恵まれず黒星を喫したが、次戦に期待を抱かせる内容だった。

 5回まで1安打投球も、6回先頭のヤングマンの右前打を端緒に1死満塁とされ岡本に三塁ベースに当たる不運な適時二塁打などで一挙3失点。「5回までは合格点をあげられるが、6回、投手にヒットを打たれああいう形になってしまった」と反省した。

 それでも最速150キロを計測。「直球は自信を持って強い球を投げられた。次もどれぐらいできるか楽しみ」と手応えを口にした。与田監督も「初登板で素晴らしい投球。何より落ち着いていた」と評価した。家族が観戦する中、先発陣の駒不足に悩むチームに明るい話題を届けた。(徳原 麗奈)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース