巨人・岡本、幸運のベース直撃V打「日頃の行いがいいからですかね」

[ 2019年5月18日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人4―1中日 ( 2019年5月17日    ナゴヤD )

6回1死満塁、岡本の打球が高橋(右)の前の三塁ベースに当たり、先制の適時二塁打となる(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本自身も「日頃の行いがいいからですかね」と冗談で振り返る決勝打だった。0―0の6回1死満塁から、勝野に打ち取られた打球が三塁ベースに当たってはね、左前へ転がった。

 5回まで1安打に抑えられていたプロ初登板の新人右腕から2点二塁打し「(一瞬)やばいと思った。ラッキーですが、ヒットはヒット」。直接指導を続けてきた原監督も「運というか、いいラック。彼がさらに追い風を吹かせないと」と期待した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース