DeNA 神里&宮崎の1、2番コンビが躍動

[ 2019年5月18日 20:32 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2019年5月18日    神宮 )

<ヤ・D>5回1死一、二塁、勝ち越しの左越え適時二塁打を放つ宮崎(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 DeNAの神里和毅外野手、宮崎敏郎内野手の1、2番コンビが躍動した。

 6―3の7回。先頭の神里が大下の初球を右前打。続く宮崎の2球目で二盗に成功し、4月12日以来の今季4盗塁目をマークした。宮崎は2ボールからの3球目、低めのスライダーをはじき返す中前適時打。わずか4球で1点を加えた。

 初回には石川から連打で無死一、三塁の好機をつくり、ソトの先制の右犠飛をお膳立て。5回にも1死一塁から神里が左前打で一、二塁とし、宮崎が勝ち越しの左翼フェンス直撃適時二塁打を放ち「とにかく後ろにつなごうという気持ちだけで打席に向かいました」と胸を張った。神里は今季3度目、宮崎は今季2度目の猛打賞。神宮球場で、DeNAの「神宮」コンビが打線をけん引した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース