楽天・由規、2軍戦で移籍後初登板 2回無失点で支配下登録へ第一歩

[ 2019年5月18日 05:30 ]

 楽天に育成契約で加入した由規が、イースタン・リーグの西武戦で移籍後初登板した。右肩痛からの復活を目指す右腕は8回から2番手で2イニングを投げ、1安打無失点。支配下登録への第一歩を踏み出し、平石監督は「まずはスタートを切れたことが良かった」と話し、今後は先発で調整させる意向を示した。

 左太腿裏痛で離脱している岸は先発で7回を2安打無失点。伊藤投手チーフコーチは「問題がなければ、来週投げてもらうことになる」と明かし、24日からのオリックス3連戦で復帰する予定だ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース