巨人・中川、開幕16戦連続無失点「目の前の一試合一試合を大事に」

[ 2019年5月18日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人4―1中日 ( 2019年5月17日    ナゴヤD )

4番手で力投する中川(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人は8回に登板した中川が、開幕からの連続無失点を16試合に伸ばした。先頭の遠藤に中前打を許して四球も許したが、得点を与えず「目の前の一試合一試合を大事にやっています」。

 右肘違和感のクックの代役守護神やセットアッパーと、臨機応変な起用に応えている。8回は中日が3番からの攻撃で、原監督は「あそこが一番強い場所」と起用意図を説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月18日のニュース