桐光学園 2年生・安達が7回完投 打線は11安打猛攻で7回コールド勝ち

[ 2019年5月18日 14:41 ]

春季高校野球関東大会 1回戦   桐光学園11―2東農大三 ( 2019年5月18日    市営大宮 )

<春季関東大会・東農大三―桐光学園>先発した桐光学園の左腕、安達
Photo By スポニチ

 桐光学園が7回コールドで圧勝し、2回戦に駒を進めた。

 2年生左腕で背番号1を背負う安達壮汰投手が先発し、7回5安打7奪三振2失点で関東した。6回にこそ連打で失点したが、初回から2回にかけて4者連続三振をマークするなど力投した。

 1メートル81の長身もあいまって、ネット裏のスカウトからは「来年候補になる力は十分にある」と評価する声が続出していた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース