黒沢尻工・石塚 2打点で勝利貢献 プロ注目強打の捕手

[ 2019年5月18日 05:30 ]

春季岩手県大会1回戦   黒沢尻工6―3黒沢尻北 ( 2019年5月17日 )

5回に右前適時打を放つ黒沢尻工・石塚
Photo By スポニチ

 黒沢尻工はプロ注目捕手・石塚が初戦から活躍し、黒沢尻北を6―3で下した。5回に右前適時打すると、7回にも左犠飛で1安打2打点。同点の9回2死二塁では敬遠されたが、続く佐々木のサヨナラ3ランで劇的勝利を収めた。

 高校通算36本塁打を誇る右の強打者。4球団のスカウトが視察し、広島・近藤芳久スカウトは「地肩が強くて、打撃も勝負強い」。互いに勝ち進めば決勝で大船渡と当たり、「夏は当たりたくないけど、春は対戦したい。打席で球を見てみたい」と言った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月18日のニュース