ヤクルト 9回あと一歩…小川監督「“雄平が”という展開だった」

[ 2019年5月18日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―4DeNA ( 2019年5月17日    神宮 )

3回2死二塁 神里の打球を雄平が目測を誤り適時打とする(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 同点、さらにサヨナラ勝ちもあった1点を追う9回2死一、三塁。しかし、ヤクルトの雄平は投ゴロに倒れた。小川監督は「あと1本というところだったけど、今日は雄平のところでね。“雄平が”という展開だった」と振り返った。

 攻守で雄平らしさがなかった。3度の得点圏で凡退するなど5打数無安打。守備でも3回2死二塁で神里の平凡な右翼への飛球を見失い、先制の適時打を許してしまった。この日から上半身のコンディション不良だったバレンティン、左手親指骨折の坂口が1軍に復帰。即スタメンで起用され、打線には厚みが出た。「また明日、切り替えて」と前を向いた指揮官。惜敗で今季2度目の3連敗。3位タイと一歩後退した。(川手 達矢)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月18日のニュース