巨人、猛反撃で阪神・岩田をKO 乱調の菅野が執念の適時内野安打

[ 2019年5月15日 20:08 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2019年5月15日    東京D )

4回2死三塁、全力疾走で適時内野安打をもぎ取った菅野(撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 エース菅野の乱調で序盤から5点を追う展開となった巨人だが、3回に石川が反撃の口火となる2号ソロ。4回には菅野が執念の適時内野安打で得点をもぎ取り、阪神先発の岩田をマウンドから引きずり下ろした。

 菅野は2回までに8安打を浴びて5失点の乱調。序盤から5点を追いかける苦しい展開となったが、2回に小林の併殺崩れの間に1点を返し、3回には石川が2号ソロを放って反撃を開始した。

 4回には陽、中島、山本の3連打で無死満塁。小林の併殺打の間に1点を挙げると、続く菅野も中前に抜けそうな安打性の打球。遊撃・木浪の好守で一度はアウトの判定が下されたが、原監督がリクエストを要求した結果、セーフに覆った。

 エースの執念の内野安打により、ベテランの岩田はここで降板。0―5と敗色濃厚だった試合が分からなくなった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース