阪神、5年目右腕・守屋がプロ初勝利「今年は矢野さんの力に絶対になりたい」

[ 2019年5月15日 22:22 ]

セ・リーグ   阪神13―8巨人 ( 2019年5月15日    東京D )

プロ初勝利を挙げた阪神・守屋(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 阪神の5年目右腕・守屋が1回1/3を完璧救援。うれしいプロ初勝利を挙げ「最高です」と喜びに浸った。

 序盤に5点をリードも、先発の岩田が4点を失い1点差に迫られた中での登板。5回には先頭の坂本勇を右飛に打ち取ると、丸、岡本を連続三振に抑えた。「いつも通りゼロで抑えて帰ろうと思っていた」。

 今季はここまで16試合に登板し、防御率は1点台前半。「強気の投球ができているので結果が出ていると思う」と飛躍の要因を語り、「今年は矢野さんの力に絶対になりたい」と誓った。

 矢野監督も守屋の投球を「ポイントになった」と勝因の一つに挙げ、「チームにとっても大きな1勝になった。いい流れで甲子園に戻れる」と喜んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース