楽天、救援陣崩れ4位転落 絶好機での拙攻響く

[ 2019年5月15日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天1―13日本ハム ( 2019年5月14日    楽天生命パーク )

8回1死一塁、石井(右)に右越え2ランを打たれた戸村(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天は相手先発・有原の制球が乱れていた初回に2四死球などで1死満塁としたが、ウィーラーが遊ゴロ併殺で無得点。その後は7回にウィーラーのソロで1点を奪ったが、救援陣が7回以降に計11失点と炎上し、4位に転落した。

 15年目の藤田が6回に通算1000安打を達成しただけに、平石監督は「初回に有原から1点でも取れていれば。(藤田)一也のためにも良い試合がしたかった」と悔しがった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース