阪神 菅野相手に先発野手全員安打!木浪、大山弾でエースKO

[ 2019年5月15日 20:33 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2019年5月15日    東京D )

<巨・神>6回無死、木浪は右越えソロを放つ(投手・菅野)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は2点リードの6回、先頭のドラフト3位ルーキー・木浪がカウント1ボールから菅野のカーブを右翼席上段に運ぶ2号ソロを放ち先発全員安打を記録した。

 4月19日の同戦でも菅野からプロ初本塁打を放っている木浪。「積極的にスイングした結果、最高のホームランになってくれた」と振り返った。続く代打・高山が四球。1死から糸原の平凡なゴロを二塁・山本が失策。1死一、三塁とチャンスは拡大して糸井の犠飛でこの回2点目を奪うと、大山にも7号ソロが飛び出し、菅野をマウンドから引きずり下ろした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース