DeNAファンです!相川七瀬 人生初の始球式「愛を込めて思い切り投げられた」

[ 2019年5月15日 17:55 ]

セ・リーグ   DeNA―中日 ( 2019年5月15日    横浜 )

<D・中>始球式を行う相川七瀬(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 歌手の相川七瀬(44)が始球式を務めた。「私、DeNAファンです!」と宣言して投じた人生初の一球は、一塁側にそれてワンバウンドで捕手・嶺井のミットへ。「35点」と自己評価は厳しめだったが「斜めにいってしまいましたが、横浜への愛を込めて思い切り投げられました」と笑顔を見せた。

 「子どもがファンなので」と横浜スタジアムにも応援に駆けつけているという。「連敗中で心配なときもありましたが、この苦しみをみんなで乗り越えるんだと応援しています」と最下位に沈むチームにエールを送っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース