ロッテ 涌井7回2失点も4勝目ならず 井口監督「しっかりゲーム作ってくれた」

[ 2019年5月15日 21:41 ]

パ・リーグ   ロッテ2―3オリックス ( 2019年5月15日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>ロッテ先発・涌井(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ロッテは勝率5割に逆戻り。先発・涌井が7回6安打2失点と好投したが、リリーフが踏ん張れずに勝利にはつながらなかった。

 打線はオリックスを上回る8安打を打ちながらもつながりを欠いた。1番・荻野は4打数3安打を記録したが、3回、8回と後続が凡退。試合後、「なかなか、そのへんが、つながらなかったですね」と振り返った井口監督。「涌井はしっかり、ゲーム作ってくれた。打つ方が援護できなかった。打線で乗り切っていきたい。走塁ミスとかもしっかり、反省したい」と課題を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース