DeNA ロペス逆転弾!伊藤光満塁弾!一発攻勢で中日圧倒

[ 2019年5月15日 20:50 ]

セ・リーグ   DeNA8-2中日 ( 2019年5月15日    横浜 )

6回無死満塁 満弾を放ち(右から)中井、ロペス、大和に出迎えられる伊藤光(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 DeNAはロペスの逆転7号2ランや伊藤光の4号満塁弾など、一発攻勢で中日を圧倒。連敗を2で止めた。

 3回に1点を先制され、迎えた4回。2死一塁で5番・ロペスが打席へ入る。カウント1-1、大野雄の投じた3球目のスライダーを振り抜くと打球はレフトスタンドへ。逆転の7号2ランとなった。

 6回、無死満塁のチャンスを作ると8番・伊藤光が打席へ。カウント1-1からの3球目をフルスイングすると、スタンドギリギリに飛び込む値千金の4号満塁弾。さらに2番・宮崎も6号ソロを放ち、この回一挙5点。試合の大勢を決めた。

 先発の東は6回を投げ、被安打4失点1の好投。今季初勝利を挙げた。

 中日は先発の大野雄が粘りの投球も、6回に満塁弾を浴びるなど計7失点。今シーズンは安定した投球を続けていたが、期待を裏切る形となった。チームは2連勝でストップ。借金は4となった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月15日のニュース