阪神 糸井が菅野撃ち先制2ラン!「相手がいい投手なので…」

[ 2019年5月15日 18:21 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2019年5月15日    東京D )

<巨・神>1回1死一塁、糸井は菅野から右越えに先制2ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 1ゲーム差で追う首位・巨人に先制パンチだ。阪神の糸井嘉男外野手(37)が初回1死一塁の場面で先制2ランを放った。カウント3―1から巨人エース・菅野のスライダーを完璧に捉え、右翼席中段まで運んだ。

 「しっかりいいスイングをすることができました。相手がいい投手なので初回から先制できてよかった」

 3月30日のヤクルト戦で決勝ソロ本塁打を放って以来のアーチで幸先のいいスタートを切ると、打線はつながり、なおも2死一、二塁から新助っ人・マルテが左越え二塁打で、もう1点追加。菅野から初回に3得点を奪う猛攻を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース