月間MVPを発表 セは巨人・山口、坂本 パは日本ハム・有原&西武・山川

[ 2019年5月15日 13:24 ]

3、4月の「大樹生命月間MVP賞」を獲得した(左上から時計回り)巨人・坂本、山口、日本ハム・有原、西武・山川
Photo By スポニチ

 セ、パ両リーグは15日、3、4月の「大樹生命月間MVP賞」を発表した。

 セは巨人・山口俊投手が14年9月以来4度目の受賞で、巨人移籍後は初。5試合で4勝、防御率1・59の成績を残した。

 打者は巨人・坂本勇人内野手で、26試合で打率・350、7本塁打、15打点。セ・リーグ記録の開幕から36試合連続出塁も達成し、昨年3、4月以来2度目の受賞となった。

 パは日本ハム・有原航平投手が18年7月以来、3度目の受賞。5試合で4勝、防御率0・51の好成績だった。

 野手は打率・271、11本塁打、31打点の西武・山川穂高選手で、昨年9、10月に続いて5度目の受賞。

 受賞選手には記念盾、大樹生命保険株式会社から賞金30万円とトロフィーが贈られる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース