白龍旗争奪戦 キャプティ4強 中山2安打完封

[ 2019年5月15日 05:30 ]

スポニチ後援 白龍旗争奪戦 第4日目 ( 2019年5月14日    東京D )

 準々決勝2試合が行われた。キャプティ(設備)は、東ソー・南陽事業所(ソーダ)に1―0で競り勝ち、4強入り。リコー・厚木事業所(光学)も1―0でトヨタ車体(自動車)を下して、準決勝に進んだ。15日は準決勝2試合が行われる。

 キャプティは接戦を制した。先発の中山は9回2安打で完封勝利。1点リードの9回には先頭に安打を許すも、後続を左飛と二ゴロ併殺に打ち取る落ち着いた投球を見せ、「接戦も多く経験しているので、慌てることはなかった。コースに際どく投げられた」と胸を張った。高橋智史監督も「ミスもなく我慢強く戦えたことが良かった」と称えた。

 リコー・厚木事業所は試合時間2時間10分を限度とする大会規定により、8回コールドで勝利を収めた。0―0の8回1死二、三塁から原之下が均衡を破った。「ショートが前進していなかったので、とにかく叩きつけようと全力でした」と、遊撃へ高いバウンドのゴロを放って決勝の適時内野安打。清水満監督は「なかなか点が入らない中、気持ちを切らさないでくれた」と笑顔で言った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース