相川七瀬 ハマスタで試合後ミニライブ「最高の試合でした ベイスターズ」

[ 2019年5月15日 22:58 ]

セ・リーグ   DeNA8-2中日 ( 2019年5月15日    横浜スタジアム )

試合後に熱唱する相川七瀬(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 歌手の相川七瀬(44)が横浜スタジアムで行われたDeNA―中日戦の試合後、大観衆の前でミニライブを実施。「恋心」と「夢見る少女じゃいられない」のヒット曲2曲を披露した。

 ライブ後、相川は自身のツイッターを更新し、「最高の試合でした ベイスターズ 横浜スタジアム!!明日も応援しています!!皆さま今日はありがとうございました」とツイート。この日はDeNAが中日を相手に快勝していただけに、コメント欄には「勝利の女神」の言葉が踊っていた。

 試合前には始球式を行い、「斜めにいってしまいましたが、横浜への愛を込めて思い切り投げられました」と笑顔で話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース