ヤクルト村上、侍入りへアピール 稲葉監督の前で技あり適時打

[ 2019年5月15日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―9広島 ( 2019年5月14日    マツダ )

3回1死二、三塁、村上は左前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・村上が侍ジャパンの稲葉監督の目の前で適時打を放ってアピールした。12日の巨人戦では初めて4番に座ったが、青木、山田哲が先発復帰したこともあり5番で先発。同点の3回1死二、三塁から野村の外角高めの139キロシュートを逆らわずに左前に運んだ。「ゾーンを上げて強い打球を打つことを心掛けた」。

 しかし、守備では5回2死一、三塁から鈴木の三ゴロをタイムリーエラー。試合後は「また明日頑張ります」と言い残して球場を後にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース