西武ドラ4森脇 3回無失点でプロ初白星も「まだまだ駆け出し」

[ 2019年5月15日 22:20 ]

パ・リーグ   西武5-4ソフトバンク ( 2019年5月15日    ヤフオクD )

<ソ・西>2番手で登板しプロ初勝利を挙げた森脇は辻監督(左)から祝福され笑顔(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 西武は2番手で登板したドラフト4位ルーキー森脇がプロ初白星。3-4と1点リードを許した6回からマウンドに上がると3回1安打無失点の好投。チームの逆転勝利を呼び込んだ。

 ヒーローインタビューに呼ばれた森脇は今季4試合目の登板でのプロ初勝利に「素直に嬉しいです」と一言。記念となるウイニングボールは「家に持って帰って飾ろうかなと思います」と明かした。

 3イニング無失点で抑えられた要因として「やっぱりストライク先行でいけた場面が多かったんじゃないかと思います」と自己分析。プロの世界でやっていく自信については「ん~まだこれからつかんでいけるように頑張っていきたいと思います」と答え、最後に「まだまだ駆け出しの自分ですが、これからも応援よろしくお願いします」と西武ファンにアピールした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース