広島・野間、初の1試合4得点「何とか出塁できてよかった」緒方監督も満足

[ 2019年5月15日 05:30 ]

セ・リーグ   広島9―4ヤクルト ( 2019年5月14日    マツダ )

8回、西川の適時打で生還した野間(手前)を出迎えるナイン(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 お家芸のつなぐ赤ヘル野球が戻ってきた。今季最多タイの2試合連続13安打で9得点。シーソーゲームを制した打の立役者は1番・野間だ。5年目で初の1試合4得点に2試合連続3安打の活躍。打率を再び3割台に戻し、破顔一笑だった。

 「何とか出塁できてよかった。塁に出て相手投手にプレッシャーをかけていければいいかな…と思っていた」

 中でも再逆転に成功した5回の第3打席が光った。1死からの左前打で2死一、三塁をお膳立てすると、鈴木の三ゴロが敵失を誘って同点。会沢の押し出し四球で勝ち越し、安部の2点中前打で一挙4点と畳みかけた。

 「今日は打線。(野間が)こういう風に出塁してくれると、クリーンアップで還せる確率が高くなる」

 本拠地で前回3連敗を喫したヤクルトに雪辱し、緒方監督は満足そうに振り返る。3連勝で貯金は今季最多の2。殊勲の野間はそれでも浮かれない。「内容がよくなければ控えに回る。スキを見せないように」。リーグ3連覇した攻撃力がよみがえるか。キーマンの26歳は1番定着を誓っている。(江尾 卓也)
 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース