巨人・マシソン 293日ぶり実戦復帰で1回3失点 最速151キロマーク「これから上げていく」

[ 2019年5月15日 17:07 ]

イースタン・リーグ、DeNA戦で実戦復帰した巨人・マシソン
Photo By スポニチ

 巨人のマシソンが15日、イースタン・リーグ、DeNA戦(ジャイアンツ球場)で実戦復帰した。8回の1イニングを投げ、4安打3失点。1死一、二塁から楠本に甘く入った直球を右翼席へ運ばれた。「投げられることができて、とても良かったです。調子も良かったと思ったんですが、打たれてしまいました」と293日ぶりの実戦登板を振り返った。

 全球種試し、最速は151キロ。2つの三振を奪った。昨年8月に左膝手術し、オフにはエーリキア症に感染。来日が3月にずれ込んだが、復活へ大きな一歩を踏み出し「状態をこれから上げていかないといけない。チームに役立つ存在を目指していきたい」。今後も実戦を重ね、精度を上げていく。「応援してくれるファンのためにも次はしっかりした投球をしたい」と次回登板へ意気込んだ。(岡村 幸治)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月15日のニュース