初勝利のDeNA大貫、恩師の日体大・古城監督が感激「元気もらえた」

[ 2019年4月12日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―2阪神 ( 2019年4月11日    甲子園 )

プロ初勝利を挙げた大貫はラミレス監督と握手をかわす(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 日体大の古城隆利監督が、教え子のDeNA・大貫の初勝利を喜んだ。

 大学2年時、右肘の故障で野球をやめようとしていた大貫に「4年には必ず間に合う」と説得。しなやかさと低めに徹底して投げられる力は「歴代投手でも一番」と言い、やめさせまいと叱咤(しった)激励を続けて社会人へ送り出した。13日からのリーグ戦へ「元気をもらえた。僕らも頑張ります」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月12日のニュース